任意整理の際に光った弁護士からのアドバイス

任意整理の際に光った弁護士からのアドバイス

パチンコとキャバクラの無駄遣いで借金が100万円に!

私は首都圏在住の29歳で自宅の沿線にある、中規模Web制作関連会社で働いています。
趣味らしい趣味は無いのですがとにかく浪費癖があり、給料が入るとすぐにパチンコに行ったりキャバクラに行ったりといった生活をしていました。
そんな生活をしていたので貯金などするはずもなく、お金もすぐに無くなるので今の会社に就職後ほどなくして、銀行のカードローンに手を出してしまいました。
数あるカードローンの中から、会社の給料の振込先で何となく馴染みがあったので、三井住友銀行のカードローンを選びました。
最初の融資限度額は30万円でしたが、取引年数が増えるに従い枠が増えるのでいい気になってしまい、最終的には100万円を超す借金をしてしまいました。

給料が減った事で返済が難しくなる

最初の内こそ借金の返済にはあまり困らなかったのですが、運悪く会社の業績が悪化し給料が減少した事も重なり、最終的に毎月3万円以上になる返済が難しくなりました。
私の勤める会社は残業が多く副業が出来ないため、パチンコやキャバクラに通う回数を減らしたり、食費や服にかかるお金を削ったりしていたのですが、それでも返済に回せるお金が作れなかったのです。
生活のレベルが極端に落ち精神的にも追い詰められ、このままでは見通しが立たないので債務整理をしてやり直す事を決意しました。

任意整理について弁護士からアドバイスをもらう

事務所を訪れ自分の状況を話すと、弁護士からは借金の額や年齢的な事を総合的に鑑みて、債務整理の中でもダメージが比較的少ない任意整理を提案されました。
私としては最初から弁護士に従うつもりだったので、そのまま流れで任意整理に入るようお願いしました。
任意整理にあたって弁護士とは色々と打ち合わせをしましたが、特に銀行口座についてのアドバイスがとても助かったので今でも印象に残っています。
私は給料の振込先だけでなく、公共料金の引き落としも全て三井住友銀行にしていたのですが、任意整理をすると三井住友の口座が凍結されるので、生活に支障が出る事を弁護士から聞かされ初めて知りました。
任意整理に伴う銀行口座の凍結に備えて他の銀行に新しく口座を開設して、そちらにメインバンクの機能を一時的に移すようにアドバイスされたのです。

任意整理で和解が成立!大きなトラブルなく借金の負担が減る

任意整理の手続き自体はほとんど弁護士に任せきりで、私は特に何もしていないと思います。
恥ずかしかったですが職場の上司には任意整理の事を正直に話し、しばらくの間給料は現金の手渡しにしてもらいました。
公共料金の引き落としも別の銀行に移した事で、結果として大きなトラブルなく任意整理を終える事が出来ました。
任意整理で和解に持ち込むなど、そんな知識は無いので私にはできません。
加えて銀行のカードローンを任意整理すると、口座が凍結される事など思ってもみませんでした。
事前に受けた弁護士からのアドバイスの数々のおかげで、大きなトラブルなく任意整理が成立したと言っても過言ではありません。
任意整理で利息分がカットされ、毎月の負担が3万円から1.5万円ほどへと大幅に減った事が一番大きかったのはもちろんですが、それ以外にも色々な面でアドバイスや解決策を示してくれた弁護士にはとても感謝しています。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談