借金の返済と税金の滞納でギブアップ!任意整理に活路を見出す

借金の返済と税金の滞納でギブアップ!任意整理に活路を見出す

窮余の策としてアイフルから100万円の借金をする

私は派遣会社に登録しているバイト暮らしの30歳の男です。

高校卒業後すぐに地元の食品メーカーに就職したのですが8年前に会社が倒産。

その後現在に至るまで、派遣で何とか食いつないでいる状態です。

食品メーカーに在籍していた頃はそれなりの給料があったので普通に暮らせていたのですが、派遣に登録してからは生活が激変しました。

半年ほどのサイクルで派遣先の職場が転換され社会保障にも加入させてくれないので、生活自体がとても不安定です。

食費や遊興費を切り詰めれば何とか生活できるのですが、冠婚葬祭のようなイベントがあるとそれだけで、途端に生活が立ち行かなくなります。

年齢的にも結婚式の案内が多く届き、不運にも身内に不幸が続いたため派遣の給料だけでは対応出来なくなり、窮余の策としてアイフルから100万円の借金をする事で凌ぎました。

借金と税金の支払いが重荷に

ただでさえ普段の生活がままならない中消費者金融から借金をしたため、ほどなくして毎月の返済に首が回らなくなりました。

さらに市民税や健康保険料といった税金の類が重くのしかかり、こういった社会保障費の支払いにもお金が回せなくなりました。

どうやってもお金が足りないので消費者金融への返済は遅れがちになり、払えたとしてもとりあえず利息分のみを返済するのがやっとなので元本が全く減りません。

税金や社会保険料を払うよう、ひっきりなしに役所から手紙も届きます。

新しい就職先を探そうにも、地元には求人自体がほとんどありません。

自分でも生活が完全に詰んだ事を自覚しました。

弁護士から的確なアドバイスを受ける

借金の返済と税金の滞納が、生活する上で大きな足かせになっているのは明らかなので、すがるような思いで無料生活相談会に出向き弁護士に現状を話しました。

弁護士には借金の額が少額である事や年齢的な事を考慮して、任意整理により借金を減額し元本のみの返済に切り替える事を提案されたので、アドバイスに従い任意整理を決意しました。

弁護士いわく税金の類は任意整理に限らず債務整理の対象にはならないので、役所に現状を相談し毎月わずかながらでも滞納分を支払う事で、とりあえず実績を作るようアドバイスを受けました。

計画的な任意整理で今後の生活に活路を見出す

弁護士の指導のもと任意整理を進め認可されたため、借金の支払いにおいては利息分がカットされ元本のみの返済になりました。

弁護士の指導のもと任意整理する時の返済計画で、アイフルへの毎月の返済金額に少し余裕を持たせ、浮いた分を税金や社会保険料の支払いに回す事が出来るよう調整しました。

今でもまだ生活は苦しいのですが、借金が任意整理により減額された事と税金を少しずつながらも払っている事で、精神的な重圧がかなり減りました。

もしも弁護士に相談していなかったら、今でも借金の返済と税金の督促に悩む日々を送っていたかと思うと背筋が凍る思いがします。

私の現状をよく理解し精神的なプレッシャーから解放してくれた、弁護士の的確な指導の数々には感謝してもしきれません。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談