【任意整理体験談】資格挑戦で借金生活 弁護士に相談しました

【任意整理体験談】資格挑戦で借金生活 弁護士に相談しました

行政書士に挑戦し借金ができました

私は私立の偏差値が低い男子高校の出身で低学歴にコンプレックスがあり、高卒で正社員で働いた会社も1年半で辞めて、アルバイト生活をしそこからホテルの正社員になりましたが26歳でまた退職。ニート生活を送っていましたが、27歳のときにユーキャンの広告で行政書士という独立ができる資格のことを知り「よし、30歳までに行政書士資格を取って独立し、学歴も人生も逆転させよう!」と一念発起しユーキャンの通信教育をはじめました。ユーキャンは3万円ほどだったので問題なかったのですが、正直これで合格するのは難しいと思い、大手資格専門学校の大原の行政書士資格講座に申し込みしました。最初の1年目はテープ音声付きの通信講座に18万円をオリコカードのローンで申し込み。ポケットラジカセを持ち歩き聞きながら勉強しました。しかし通信教育はモチベーションにムラがありななか吸収できませんでした。また行政書士試験は合格率も1ケタ代で、当初思っていた以上に難しく、出題範囲は多岐にわたり、分厚い参考書からその年に出題される問題の的をしぼるのもなかなか難しく、なかなか受かることが出来ませんでした。
大原には2年通いましたが、次の年にLEC、その次にTAC,その次にWセミナー。毎年20万円以上はつぎ込みました。1点差で不合格という年もありましたが、結局32歳まであきらめられず意地になって挑戦しつづけていました。借金は増えるばかり。一人暮らしのアルバイトで生活していましたが、当然働く時間を削って勉強をしていたわけで、家賃や光熱費の支払いもあり毎月最低限の返済しかできず、プロミスでも借金をしていました。

勉強と借金返済のためのアルバイトとの両立に苦しむ

ろくにアルバイトもせずに1日中専門学校の自習室に通いました。
おかげで実力はついてきましたが、借金があったためにアルバイトもしなければならず、両立が難しく生活に困窮したため、心配で借金が頭に離れず、勉強にも影響し大変でした。
これは借金の解決をしないと頭に入らないぞ、ということで勉強を苦渋の決断で一旦やめて、アルバイトに力を入れながら弁護士に相談することにしました。

任意整理をすすめられる

裁判をするとなると手続きが色々と必要で、月日もかかるために勉強どころではなくなるし、早い解決をするために任意整理をすすめられました。
そこでお任せするとこちらとしては待つだけだったので、勉強を邪魔することもなかったです。

数年後に合格 任意整理で借金も完済できました。

返済と勉強の両立は本当に大変でしたが、任意整理は弁護士にお任せできたので、勉強に打ち込むことができたためか、行政書士試験も受かることができました。
いまは行政書士業務をしながら、ステップアップして司法書士を目指し、自身の経験をもとに債務整理に強い司法書士になることを目指して日々勉強しております。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談