個人再生で借金の総額が大幅に減額!

個人再生で借金の総額が大幅に減額!

博打に手を出し過ぎて借金まみれに

私は35歳の時に脱サラして個人事業を営む52歳の独身男なのですが、競馬・競輪・ボート・パチンコなど博打と名の付くものが大好きです。

個人事業主なので基本的には事業利益は自分の好きなように出来る事をいい事に、仕事の儲けを博打に使いまくりましたがそれだけでは物足りず、40歳を過ぎた頃に消費者金融から借金をしてしまいました。

最初に利用したのはレイクだったのですが初回の融資額は50万円で、事業が好調だった事もあり毎月の返済にはそれほど困らないはずでした。

しかしレイクで50万円を手にして以来自分の中で借金をする事への抵抗感が弱くなり、短期間でアコムやプロミスなどからも同様に50万円ずつの融資を受ける始末。

複数の消費者金融を利用しながらも毎回期日までには遅れなく返済した事で枠が広がり、最終的には合計で350万円近い借金を抱える事になりました。

毎月の借金返済に苦しむ日々

350万円もの借金を返すとなると利息だけで毎月5万円以上になり、なおかつ元本分も返済しなければならないため、返済額は合計で10万円を簡単に超えてしまいます。

しばらくの間は何とかやり繰りして毎月お金を返していたのですが、7年ほど前に事業の業績が悪化し始めた頃から次第に返済が遅れがちになりだしました。

私は返済日を毎月の月末に設定していたのですが、返済が滞るようになったためお金が用意出来るとそのまま即返済に充てるといった具合になり、年中消費者金融への返済に頭を悩ませるようになりました。

事業の悪化も災いしたのか次第に精神的にも不安定になりだし、いつしかまともな生活を送る事が難しくなりました。

弁護士から個人再生を提案される

日々の暮らしがおぼつかなくなり、350万円の借金を返済するにはどうしたらよいのか全くわからなくなったので、専門家に相談しようと考え弁護士事務所の門をくぐりました。

弁護士は親身になって相談に応じてくれましたが、借金の額がやや大きいので個人再生で返済額を大幅にカットした上で、返済計画を作り直すようアドバイスを受けました。

日々の生活や業務の必需品でもある車のような財産を手放さなくて済むよう、自己破産ではなく個人再生を提案してくれたのです。

私には他に解決手段も思い浮かばないので、そのまま弁護士に代理人になってもらう事をお願いし、個人再生の手続きを開始しました。

個人再生を機に生活を再建させる

個人再生を進める過程では裁判所に申立書を提出したり、個人再生委員と面談したり、再生計画案を提出したりと私には何かとわからない事だらけでした。

しかしプロである弁護士が逐一丁寧に指導してくれたお蔭で、1つ1つ障害をクリアする事ができたと思っています。

最終的に返済期間は3年間に設定され、借金の総額は350万円から100万円に減額する事に成功しました。

350万円の借金返済に追われていた頃を思えば、個人再生が認められた事により100万円にまで減額され、天と地ほどの差がある借金額の違いに驚いた事を今でも鮮明に覚えています。

個人再生を機に一念発起し借金を計画通りに完済し、何とか生活を再建させる事に成功し現在に至ります。

弁護士には合計で40万円近い報酬を支払いましたが、個人再生で借金額が大幅に減額された事や、個人再生成立に至るまでの難解な道のりを乗り越える事が出来た事を考えれば、非常に有意義な選択だったと思います。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談