自己破産で苦しみから解放されました!

自己破産で苦しみから解放されました!

まさか自分が借金まみれになるとは…

    
私は現在、怪我のため働くことができず、生活保護を受給している40代男です。
もともとは派遣会社にて製造業に派遣されて働いておりました。
そこではとても給料が安く、手取りで14万から15万円前後。そこから家賃・携帯代・光熱費を払うとギリギリなのにさらにそこから母親の老人ホーム費用を捻出し、ほぼ給料は無いに等しい生活でした。父は他界しており母親と私だけの家族でつきっきりで面倒を見るわけにもいかず、老人ホームに入ってもらいました。
そんな生活の中で母の入所している老人ホームまでの交通費、会社の付き合いでの飲み会など出費が重なり、やむを得ず消費者金融から借り入れをしてしまいました。
最初1社のみから10万円位だけ借り入れましたが、一度借り入れると他からも借りればこの生活がもっと良くなると幻想を抱いてしまい、最終的には合計3社から100万円を超える金額を借り入れてしまいました。

怪我をして返済が厳しい状況に

会社からの帰りにいつものように電車に乗って帰宅しようとしたときに誤ってホームから転落し、大腿骨を骨折してしまいました。なんでよりによってこんなことになるんだ。
怪我をして痛いというよりも今後仕事ができない状況で支払いをどうやってやりくりしていけばいいんだという思いでいっぱいになりました。貯金も全く無い状況で会社の労災保険だけでは借金の返済も親の老人ホームも払えない、そんな不安だけが続きました。
結果として、会社は退職し借金だけが残り退院はできたもののとても働ける状況では無く、生活保護の受給を決めました。何ヶ月か借金の支払いを滞納してしまい、利息は増える一方で消費者金融会社との連絡を何回もしなければならず、心身共に滅入ってしまいました。この時期が一番苦しかったです。

法律事務所に相談、自己破産を選択

母が老人ホームに入所していることもあり、今後のお金について考えなくてはいけない中でもうどうしたらいいのか分からなくなっていました。
そんな中でネットで法律事務所の広告を見て相談してみることにしました。
法律事務所では真摯に対応してくださり、任意整理や個人民事再生・自己破産のそれぞれの詳細とメリット・デメリット、私にできるかどうかを詳しく教えていただきました。
その中で私は怪我をしておりしばらく働くことが困難なため、自己破産を選択しました。
手続きや書類は内容が難しかったですが、弁護士さんが分かりやすく一緒に手続き書類の作成などをしていただき、スムーズに進められました。
無事に破産が認定されて借金が免除となりました。

気持ちが本当に楽になった。相談して本当によかった!

相談する前は不安で仕方がなかったです。相談しても取り扱ってくれるのか、受け付けてくれるのか。そもそも本当に生活保護を受けている自分が法律事務所で相談していいのか。実際に勇気を持って相談したらそんなことで悩んでいたことが嘘みたいでした。
弁護士さんは真摯に相談に乗ってくれましたし、対応もしっかりとしてくれました。
何より、借金の支払いで悩んで苦しんでいた状況から抜け出せた、解放されたことは本当に感謝です。これからは母とふたりでささやかな幸せを感じながら、できることをやっていこうと思います!!

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談