派遣切りで借金返済不能に…。自己破産で生活再建の第一歩を踏み出す。

派遣切りで借金返済不能に…。自己破産で生活再建の第一歩を踏み出す。

消費者金融から借金をして生活の足しに

私は現在47歳で家庭教師のバイトをしていますが、これまでずっと派遣に登録して生活を送ってきました。

年代的にちょうど氷河期世代にあたるせいもあるのか、大学卒業後まともに正社員として勤務した経験がありません。

特にギャンブルにのめり込んだり浪費癖があったわけではなく、単純に生活が苦しかったため、若い頃から消費者金融からの借金を生活の足しにしていました。

突如の派遣切りで借金の返済に行き詰まる

若い頃は複数の派遣会社に登録し、幾つかのバイトを掛け持ちする事が出来たため、消費者金融への借金返済も何とか出来ました。

しかし30代の半ばを過ぎた頃から病気がちになったので仕事の数を絞り、最終的には派遣1社の給料でやり繰りする事になりました。

体の自由が効かなくなり始めた事で派遣会社に煙たがられたのか、突如クビを宣告されたのが39歳の時です。

いきなり派遣切りされた事ですぐに生活に支障が出ましたが、その中でも毎月の消費者金融への借金の返済が一番の問題でした。

長年にわたり消費者金融からの借金を生活のアテにしていたので、複数社から借りたお金の総額は200万円に達していました。

借金の返済が不可能になり弁護士を頼る

派遣切りされた2か月後から、借金返済の目途がたたなくなりました。

体の調子は相変わらずすぐれませんでしたが、そんな事は言ってられないので手当たり次第にバイトの面接を受けましたが、日払いの肉体労働に滑り込むのがやっとでした。

無理をして肉体労働をした事で体の調子は本格的に悪化し、数か月でまともに働くのは不可能になり、ついに借金返済の目途も全くなくなりました。

借金の存在に思い悩む日々が続き精神的にもかなり病んだ結果、生活保護を受けようと市役所に行くと、まずは自己破産して借金を無くした方が良いと言われました。

市役所からは弁護士を紹介されたので、そのまま自己破産の手続きに踏み切りました。

自己破産で借金地獄から解放される

自己破産をするためには、不動産のような財産を売却する必要があるそうですが、そもそも私には持ち家はおろか車もありません。

財産らしい財産は無いので、自己破産によりブラックリストに載った事以外は、失うものはありませんでした。

自己破産を裁判所に許可されるまでは、書類の提出や面談など手続きが煩雑で大変でしたが、逐一弁護士が指導をしてくれました。

借金がチャラになり精神的なプレッシャーから解放された事も大きかったのか、体調も快方に向かい始めているので、今は家庭教師のバイトをしています。

数年前まで常に借金で悩んでいた事を思えば、自己破産で生活再建の第一歩を踏み始めた事は私にとって大きな前進です。

私を借金地獄から救ってくれた弁護士には、つくづく感謝の気持ちしかありません。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談