震災と出店で両親が借金 自己破産手続きをしました

震災と出店で両親が借金 自己破産手続きをしました

東日本大震災の修繕費と出店により借金ができた

私は福島県の実家に住んでいて、東日本大震災にあいました。私が住んでいたところはそこまで被害がひどくはありませんでしたが、それでも家は屋根の大半の瓦が落ちたり、家の前のブロック塀が倒壊したり、家の前の道半分が崩壊し通れないような状態になっていました。修繕費だけで全部で1,200万円以上はしたそうです。両親はそれだけ支払うならいっそのこと家を引き払って新しいところに引っ越そうという話になったのですが、当時祖母がいて大反対しその話は無しになり、結局借金をして修繕をすることになりました。
それだけお金がかかったのですが、父は長年の夢であった備前焼を中心とした焼き物と、版画などを販売するお店を開店しました。本当は脱サラをして出店したかったようですが、震災のことと私たち子供がまだ学生だったこともあり、お店の番は母に任せて父は会社勤めをしながら、週末に品物を揃えに行ったりしていました。開業費用などで約1,000万円借金をしました。

苦しい借金生活と父の発病

家の修繕費と開業費用で両親の借金が増え、家計が苦しかったようなので助けるために自分もアルバイトをしました。しかし大した足しにはならず、苦しい生活は続きました。
お店もうまくいかずに赤字が続き、負債は増える一方だったので、1年も経たないうちに閉店を余儀なくされてしまいました。さらに悪い事は続き、定年があと2年というところで父は糖尿病を発病してしまいました。C型肝炎も併発しており、インスリン注射などが原因で非常にうつになり、入院し店もうまくいかなかったことも重なったために、後々聞いたのですが、当時は自殺を考えていたそうです。何か良い方法はないものかと、借金の解決の仕方についてネットで調べていたら、全部手続きをしてくれる弁護士法人のページに行きつきました。

気になっていた弁護士法人に相談

約2,000万円もの借金は、自分たちではどうすることも出来ない状況でした。弁護士法人にわらにもすがる思いで相談したところ、自己破産で免責することをアドバイスされました。
今すぐにでもしたいと思い、すぐに手続きをお願いしました。
自己破産手はかなり手間がかかるそうで、面倒な手続きを全てお任せできるので非常に助かりました。

2,000万円の借金の支払い義務が帳消しに 自己破産手続きをして助かった!

担当の弁護士さんのご尽力により、無事に自己破産手続きが完了し、2,000万円もの借金が帳消しになったことには本当に驚きました。今では父は定年を迎え余生を安心して楽しんでいます。その様子を見て、自己破産手続きをお願いして本当に良かったです。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談