市役所に紹介された弁護士の仲介で、自己破産を完了する

市役所に紹介された弁護士の仲介で、自己破産を完了する

介護と仕事の両立に失敗して借金が…

私は50代の女性で派遣会社に登録しています。
旦那とは20年前に離婚し子供もいないため、ひとりで生活する分には派遣の給料だけでも十分のはずでしたが、数年前から親の介護が必要になりました。
私は一人っ子なので親を介護できるのは私だけですし、介護施設に入居させるのも大変な費用が必要なので独力で介護してきました。
しかし介護と仕事の両立は想像以上に難しく、みるみる収入も貯金も減り始めました。
頼れる身内もいないためどうしていいかわからず、藁にもすがる思いでプロミスとレイクに相談してみると、合計で150万円のお金を貸してくれました。
プロミスとレイクから借りた150万円のお蔭で窮地は脱したものの、すぐにまたお金が足りなくなりそれどころか毎月の返済も滞りがちになりました。

借金返済が毎日の生活の重荷に…

親には少々痴呆の症状があるため、普段の行動からは全く目が離せません。
そのためどうしても仕事と介護の両立は出来ませんでした。
私自身の生活費と親の介護費用でお金はどんどんなくなり、さらには毎月の借金返済も重なり、公共料金の支払いは滞りその日食べるものにも困る生活になりました。
状況打開のためプロミスとレイクだけでなく複数の消費者金融に相談しましたが、私の収入が不安定な事により借り入れは受けられませんでした。

市役所に相談した結果、弁護士を紹介される

そうしている間にもどんどんお金がなくなり、遂には消費者金融への返済も完全に出来なくなったので、最後の頼みの綱として市役所に行って相談しました。
私自身は生活保護をアテにしたのですが、役所の方によれば借金の返済のために生活保護を受給する事は出来ないとの事。
もう他に手段もなく途方に暮れていると役所の方から、自己破産で借金をチャラにした上でなら生活保護の受給対象となる旨の説明を受けました。
自己破産をするのはさすがに気が引けましたが、迷っている余裕の無い私は自己破産を決断し、役所から紹介された弁護士の元を訪れ自己破産の手続きを始めました。
自己破産にあたっては私の財産を調べられた上で、車などの資産は全て売却するなどダメージはありましたが、弁護士が私の代理人として全て対応してくれました。

弁護士が代理人になってくれなければ、自己破産は完了出来ませんでした

自己破産により借金が消滅し生活保護を受給する事で、日々の暮しには何とか困らないようになりました。
まともに働けない私にとって、毎月一定額の収入があると本当に助かります。
借金の返済のために生活保護は利用できないが、自己破産した後なら生活保護の受給対象になる事は、役所に相談する前は知りませんでした。
そして何より弁護士が代理人になってくれなければ、到底自己破産の手続きは進められなかったと思いますし、役所から紹介された弁護士という事も私に信頼感を持たせてくれました。
役所と弁護士のおかげで結果的には生活を再建出来たと言っても過言ではありません。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談