【自己破産体験談】手に負えない借金の山にギブアップ、弁護士に助けてもらう

【自己破産体験談】手に負えない借金の山にギブアップ、弁護士に助けてもらう

無類のギャンブル好きのため借金が…

私は現在29歳の実家で暮らす独身フリーターですが、かつては無類のギャンブル好きでした。
パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、競艇、麻雀…、ギャンブルと名の付くものなら何でも構いませんでした。
そんな私が消費者金融から借金をするのは時間の問題だったのかもしれません。
アイフル・アコム・プロミス・レイクの合計4社から120万円ほどの借金をしました。

軽い気持ちで闇金からも借金

私はとにかくギャンブルが好きだったので、いくら稼いでもいくら借金をしても足りませんし懲りませんでした。
本当はもっと借金をするつもりでしたが総量規制に引っ掛かってしまい、まともな消費者金融会社からは借りられなくなってしまいました。
そんなある日街中で、「即日融資OK!無審査で誰にでも絶対貸します!」との張り紙を見つけました。
いかにも怪しい広告だとは思いましたが、どうしてもお金が欲しかったため軽い気持ちで電話してみると、免許証と連絡先を教えただけで本当に10万円貸してくれました。
闇金です。
利息は10日で1万円との事だったので、10日後に11万円にして返せばよいのだろうと軽く考えていたのですが、甘すぎました。
約束の10日後には何とか11万円にして闇金に返済しましたが、その後も何かとしつこくイチャモンをつけられ、さらなる返済金を要求され続けました。
当時の私にはまともな現金が手元にないためそれ以上は払えない事を説明しましたが、対応がどんどんエスカレートし口調も暴力的になりました。
闇金の取り立て方に恐怖を感じた私は、消費者金融への返済もあわせて自力ではもうどうにもならないと自覚し、弁護士に相談する事を決意しました。

弁護士が闇金を撃退し、自己破産の代理人に

弁護士に消費者金融への返済と闇金への対応で首が回らない事を説明すると、消費者金融に対しては自己破産を、闇金に対しては返済義務がないので放っておくようにと提案されました。
弁護士に相談している最中にも闇金から取り立ての電話が掛かって来たので、弁護士が電話越しに直接、今すぐ督促を停止しなければすぐさま法的措置に移行する旨を説明してくれました。
この一撃が効いたらしくその日を境に、闇金からの電話は一切無くなりました。
正規の消費者金融に対しては、弁護士が私の代理人となって4社すべてと交渉してくれました。
自己破産が裁判所に正式に認定されるまでは1年ちょっとかかりましたが、その間消費者金融への返済義務が停止されたたため助かりました。
私には財産らしい財産はなかったので、差し押さえられたのは車くらいで給料は没収されなかったのも助かりました。

借金の山から救ってくれた弁護士には感謝!

一時的なものとはいえ闇金の脅迫は実家にも及んだので、親には余計な心配をさせてしまい大きな借りが出来ました。
全ては私の責任ですが、せめてもの救いは弁護士が熱心かつ早急に対応してくれたことです。
闇金への対応はもちろんですが、正規の消費者金融全社と自己破産の交渉をしてくれたのは弁護士で、専門外の私ひとりの力ではとても無理だと感じました。
自己破産したのは痛手ではありましたが、弁護士のおかげ自己破産の申請中も最低限の現金は手元に残す事が出来たため、生活が破綻する事はありませんでした。
借金の山で完全にギブアップ状態だった私を悪夢から救ってくれたのは、弁護士だったと言っても過言ではありません。
蛇足ながら弁護士には私のギャンブル狂いも注意され、私自身もこの一件を心から反省したので、今ではすっかりギャンブルからは足を洗いました。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談