パチスロで借金200万円!生活崩壊した私が自己破産するまで

パチスロで借金200万円!生活崩壊した私が自己破産するまで

給料のほぼ全てをパチスロに!

私は34歳の独身で大学卒業後から現在まで、地元関東の某中堅IT企業に勤めています。
毎月の手取りは40万円ほどでボーナスもあるので、収入自体はまぁまぁの分類に入ると思います。
そんな私の趣味はパチスロで、暇さえあればホールに通い散財するパターンを学生時代から繰り返しました。
就職しても給料だけではパチスロ通いが我慢できなかったので、消費者金融から手当たり次第に借りられるだけ借りまくりました。
気付けばアイフルやプロミスのような大手はもちろん、地元の街金からもお金を借りてしまい、借金の総額は5件の会社から200万円になりました。

パチスロで生活が破綻!

大学時代からパチスロが生活の一部になっており、負けた分のしわ寄せが生活を直撃する事は知っていました。
しかし社会人になって扱う金額が大きくなったので、食費などの基本的なお金を切り詰めても、消費者金融への返済(毎月約6万円)に対応できなくなりました。
いわゆる多重債務の状態になり、新たに消費者金融から借金する事も出来なくなりました。
毎日食べるものにも事を欠くような生活が続き、精神的にもかなり追い詰められ、このままではもうやっていけない事を実感。
理由が理由なので身内に相談するわけにもいかず、悩み抜いた結果、生活を立て直すため弁護士を頼る事にしました。

弁護士に相談してアドバイスをもらう

私の生活が破たんした直接の原因はパチスロです。
正確にはパチスロを我慢できなかった、自分の至らなさと言うべきかもしれません。
私の主張を簡単にまとめれば、「パチスロで借金をしてしまい、返済が出来なくなったので自己破産してやり直したい」という事になります。
自分でもふざけた話だと自覚はしていましたが、弁護士によると博打による自己破産は原則として認められない(免責不許可事由にあたるため)との事で、呆然としたのを今でも覚えています。
しかし、管財事件として裁量免責(裁判官の裁量で特別に免責が許可される事)を受けられれば、場合によっては自己破産も可能になるとのアドバイスを受けました。
これは簡単に言うと、「反省の態度を示せばパチスロ(博打)が原因でも、自己破産の対象になる可能性がある」という事です。
(あくまで「可能性がある」に過ぎないのだと、弁護士には念を押されました)
この時点で既に生活は崩壊していたので、現実問題として私はかなり痛切に反省していました。
その反省を自己破産の手続き過程において、行動や態度で示せという事です。

自己破産をきっかけに、生活態度を根本的に改める

私ひとりで自己破産など到底進められないので、そのまま弁護士に手続きをお願いしました。
弁護士の指導のもと、裁判所に出廷したり破産管財人と面接する際には、日時を遵守するのはもちろん、ひらすら反省している事を言葉でも態度でも示したつもりです。
最初に申立てをしてから約1年後、何とか自己破産は裁判所から許可され借金は免責されました。
パチスロにハマったせいで人生が大きく狂い、車のような財産らしい財産も売却して失いましたが、自己破産が認められた事で今は生活が少しずつよくなってきました。
裁量免責を受けるにあたって、これまでの自分について深く見つめ直し反省したのも確かです。
実際に消費者金融への借金を無くしてくれた上に、自分の生活態度を根本的に改めるきっかけを作ってくれた弁護士や関係者の方には感謝しています。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所
  • No.2
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.3
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求・債務整理の体験談